落合陽一の家族|父親の落合信彦の養子で壮絶な生い立ちとは?母親や兄弟との関係は?

落合陽一の父は、国際ジャーナリストや小説家として活動する落合信彦です!

1987年にスーパードライのCMに出演していたほど当時人気があった人物です。

落合陽一は落合信彦の養子ではないかとの噂がありますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

この記事では落合陽一は養子なのか生い立ちや、父親や母親、兄弟はどんな人なのかなどについてご紹介します。

落合陽一の実家や家族構成について

マルチな活躍ぶりで日本だけでなく世界からも注目される落合陽一は、どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

落合陽一の家族構成や出身地、実家住所をみていきましょう。

落合陽一の家族構成

落合陽一は3人家族で、家族構成は「父親・母親・本人」ですが、祖父母も同居していました。

祖父:元官僚で税理士だったエリートの祖父
祖母:落合陽一の親代わりだった優しい祖母
父親:国際ジャーナリストで有名な小説家、落合陽一は養子との噂がある父
母親:元CAでマフィアのようなファッションをしていた母
長男:落合陽一本人で、一人っ子

落合陽一の実家住所や出身地

落合陽一の出身地は、東京都港区六本木で、実家住所も港区にあると考えられます。

落合陽一が祖父母と同居していたことや祖父が元官僚で両親も収入が高い仕事に就いていたことから、実家は豪邸の可能性が高いです。

落合陽一の父親は落合信彦で養子の関係?スーパードライのCMで活躍

落合陽一の父親は、国際ジャーナリストや小説家の肩書きを持つ落合信彦で、1987年にスーパードライのCMに出演し一世を風靡しています。

1942年1月8日生まれで、現在の年齢は80歳(2022年12月時点)です。

落合信彦の著書はヒットを連発し、作家として長者番付に載ったことがあるほどです。

しかしながら、あまりにも豪快すぎるエピソードの数々に信ぴょう性が疑われ始め、1990年代に入ると嘘つきではないかとの見方をする風潮が生まれてしまいました。

落合陽一本人も子供の頃から父親の話は根拠がなく危ういと思うようになり、話は半分聞くようになったそうです。

落合陽一と父親は、毎日顔を合わせるような普通の親子関係ではありませんでした。

落合陽一が誕生しても父親は子育てには加わらず、奥さん(落合陽一の母)と落合陽一が週に1回滞在先のホテルに行くという生活が高校生まで続いていたとの話があります。

このように落合陽一と父親にはかなり距離があったように感じます。

そんな落合信彦と落合陽一には、養子関係ではないかとの噂があります。

養子だと考えられている理由の一つは、ホリエモンの切り抜きチャネルで落合陽一が養子であると喋られていた痕跡があることです。(現在は削除されておりサムネ画像しか残っていません)

さらにこの動画が投稿される前に、ネットに落合陽一が養子であることを知っているような書き込みもありました。

171 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (アウアウウー Sa9d-GllW):2019/01/04(金) 08:19:12.76 ID:VVe1E5Kaa
養子ではなかったかな、確か
全然似てないよね
【引用元:5ちゃんねる

落合陽一が養子であることを公表していないためあまり知られていない情報ですが、養子である可能性は高そうだと感じています。

落合陽一の母親の職業は元CAで会社経営者に音楽プロデューサーと多彩

落合陽一の父親だけでなく、母親の経歴も凄いです!

外資系の航空会社のCAで、CAを退職後はメディア放送関連の会社の経営や音楽プロデューサーとしての経歴もあるようです。

母親は好奇心が旺盛で、自分で道を切り開いていく行動力のある女性だと思います。

母親はバリバリのキャリアウーマンで、落合陽一と過ごす時間が少なかったものの、習い事の手配をしたり、週に1回は家族3人で過ごす団らんの時間を作り、その際に落合陽一に温かい言葉をかけていたそうです。

落合陽一の母親は、ある意味で落合陽一の性格を理解しており、嫁との顔合わせの際には、パンチの効いた発言もしています。

落合陽一といえば、黒ずくめのヨウジヤマモトの洋服がトレードマークのようになっていますが、ファッションは母親からの影響を受けているそうです。

母親は、好きなブランドの洋服を長く大切に着るような方なのではないでしょうか?

落合陽一は両親が一度だけ授業参観に来てくれたけどサングラスをかけてマフィアみたいで怖かったとの発言もしていました。

ちなみにサングラスはいつもかけていたとのことですので、常にファッションに気を遣っていたご両親のようです。

落合陽一に兄弟はおらず祖父母に育てられた生い立ち

落合陽一に兄弟はおらず一人っ子です。

両親が忙しく、祖父母に育てられた生い立ちですが、そのような環境でも寂しいと感じたことはないそうです。

落合陽一の祖父も元官僚のエリート

落合陽一の考え方が幼少期から斜め上を行っていたというのもあるかもしれませんが、祖父母が同居していていつも落合陽一のことを気にかけてくれていたということも大きいのではないでしょうか。

習い事をたくさんしていたので、寂しさを感じる時間がなかったというのもあるかもしれません。

落合陽一を幼少期から親代わりとして育てた祖父は、元大蔵省の官僚で、その後税理士になったエリートです。

祖母は優しい人で、落合陽一が幼稚園の給食が大嫌いだったため、お昼になると迎えに行き、落合陽一が大好きなシーフードピラフを家で食べさせていたとのことです。

落合陽一の幼少期の学習環境も特殊だった

落合陽一の両親と祖父母が話し合って決めたことだと思いますが、落合陽一は幼稚園には午前中だけ通い、午後からはマンツーマンで様々な習い事をしていました。

午前中だけ学校に行き、午後から習い事をする生活は小学生になった6歳頃まで続いたそうです。

東大の院生が算数を教えてくれたり、公文の先生が家まで来ていたとのことです。

落合陽一の教育には惜しみなくお金をかけていたことが分かります。

落合陽一の実家にある独特なルールとは

落合陽一の実家には、こんな独特のルールもありました。

そのルールというのは、欲しいものがあったら現金を渡すのではなく、プレゼンをして物を渡すというものです。

このやり方はプレゼンの力を育てるので教育に良いとの話を最近よく聞くようになりました。

落合陽一の実家では、かなり前から実践していたことになります。

落合陽一は小学生の時にウィンドウズ95が欲しくなり、祖父にプレゼンをして買ってもらうことに成功したそうです。

祖父は孫とのこのようなやり取りを楽しみにしていたのではないでしょうか。

落合陽一のプロフィール

本名:落合 陽一(おちあい よういち)
生年月日:1987年9月16日
年齢:35歳(2022年12月時点)
出身地:東京都港区六本木
身長:168cm
体重:60kg
血液型:AB型
職業:メディアアーティスト
事務所:ワタナベエンターテインメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました