ジャングルポケットおたけの家族|実家の月島もんじゃを継ぐ?母親・父親・兄弟は?

ジャングルポケットおたけの実家は、月島で母親がもんじゃ焼きのお店を営んでいます。

ジャンポケおたけには、実家のもんじゃのお店を継ぐ予定があるようです。

母親はテレビ出演もしていますが、父親や兄弟については何も語られていないため、家族構成が大変気になるところです。

今回はジャンポケおたけの実家『もんじゃ竹の子』や家族に注目し、家族構成やジャンポケおたけは実家を継ぐのかなどについてご紹介します。

ジャングルポケットおたけの実家や家族構成について

ジャンポケおたけは、どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

ここではジャンポケおたけの家族構成や出身地、実家住所、ジャンポケおたけには実家もんじゃ焼き屋を継ぐ予定は本当にあるのかなどについてご紹介します。

ジャングルポケットおたけの家族構成

ジャンポケおたけの家族構成は、母1人子供1人の母子家庭の可能性が高いです。

母親:もんじゃ竹の子を営む下町っ子気質でマイペースな母
長男:ジャンポケおたけ本人で、他に兄弟はいない可能性が高い

ジャングルポケットおたけの実家住所や出身地

ジャンポケおたけの出身地は、東京都中央区です。

実家は中央区の月島で『もんじゃ竹の子』というもんじゃ焼きのお店を経営しています。

住所:東京都中央区月島3-28-12
営業時間:17:00~22:00
定休日:月曜日
予算:5,000円前後
アクセス:都営大江戸線勝どき駅A1出口より徒歩3分(月島駅徒歩5分)

お昼営業はしておらず、午後5時からの営業です。

実家もんじゃのお店の詳細な住所は、東京都中央区月島3丁目28−12で、通りを入った路地裏にあります。

もんじゃの種類が豊富で味も美味しいと口コミ評価も上々です。

芸人仲間もよく訪れているようですね。

もんじゃ竹の子は3階建ての一軒家の1階にありますが、母親が暮らしている実家は別の場所にあるそうです。

もんじゃ竹の子がある家は、もともと母親の実家で、工務店を営んでいたとのことです。

ジャンポケおたけが16歳の時に工務店を閉めることになり、もんじゃ焼きの店を始めることに決めたそうです。

ジャングルポケットおたけが実家の月島もんじゃを継ぐ?

もんじゃ竹の子は、ジャンポケおたけが16歳の時にオープンしています。

お店の壁には訪れたお笑い芸人のサインがずらりと並んでいます。

ゴールデンウィークにはお客さんが並びすぎて、母親がお客さんを帰したことがあるほどの人気店とのことです。

──お店をやっている家と会社員の家とで大きく違うのは、親の働きぶりと家の経済状況が子どもにも見て取れるところかなと思うんです。
おたけ:あー、なるほど。うちだとゴールデンウィークなんかはすごく忙しくて、お客さんが結構並んじゃうんですよ。でもうちの親は並ばれてるのがプレッシャーになるみたいで、帰しちゃうんですよね。あんまり商売っ気がないんだなと思ってました。
【引用元:メシ通 | ホットペッパーグルメ

普段は常連さんが多いようです。

ふわふわして掴みどころがないジャンポケおたけですが、インタビューで45歳くらいになったら芸人ともんじゃのお店をやっているかもと語っています。

ジャンポケおたけは現在40歳(2022年12月時点)ですので、そう遠くはない未来にジャンポケおたけは、もんじゃ竹の子の店主になっている可能性があります。

もんじゃのお店を継ぐ理由については、都市計画の関係でお店を一度畳む必要があり、そのタイミングで母親の年齢も考慮するためと語っています。

店主の母が、今の店舗は都市計画に入っていて今年いっぱいで一度畳むことになっていることを説明。5年後に現在の土地に48階建てのビルが建ち、その1階に新装開店するという。その事実に驚くジュニアにおたけは「それに向けて、うちの親も年なんで方向性を変えて僕がやっていく方向にしていこうかな、ということです」と5年後に向けて実家の店を引き継いで経営していく予定を明かした。
【引用元:スポニチ

都市計画によって「仕方なく」という印象を受けるかも知れませんが、過去にインタビューでももんじゃ焼き屋を継ぐ可能性については言及しており、「いつかは自分がお店を継ぐことになると当然のように思っていた」とも語っています。

──そうだったんですね。芸人になるときに「実家を継ぐか、この道を選ぶか」と迷ったわけでもない?
おたけ:それはないですね。ほかに何をしていようが、いずれ僕が継ぐことになると思ってました。こんな言い方をするのもなんですけど、うちが寿司屋だったらそうはいかないと思うんですよ。どっぷり修行しなくちゃいけないから。もんじゃはそういうのが一切いらないんで(笑)。焼けさえすれば、誰でもやれますからね。
【引用元:メシ通 | ホットペッパーグルメ

ジャンポケおたけにとって実家のお店は身体の一部であるくらいに当たり前のようにある存在で、母親が高齢でお店を畳むことになった時にそのまま閉業するなんてことが考えられないのだと思います。

インタビュー内では45歳くらいでお店を継ごうと考えている理由についても語っています。

45歳くらいになったら今以上にジャングルポケットとしての活動が忙しくなることはなく、ある程度芸人の仕事が落ち着いてきて予定が分かるからと、ジャンポケおたけとは思えないような冷静で現実的なコメントをしています。

実際にやるとなると大変だと思いますが、たしかに寿司屋やイタリアンと違って修行は厳しくないかもしれません。

でも飲食店をやるなら食中毒には注意ですよね~

くれぐれも衛生面に気をつけてお店を経営して欲しいものです。

ジャングルポケットおたけに父親はおらず母子家庭

ジャンポケおたけには父親はおらず、母子家庭の可能性が高いです。

そのように推測する理由は、ジャンポケおたけが父親の話を一切語っていないためです。

もんじゃ竹の子は母親が1人で切り盛りしているようですし、もしも父親がいたのなら、母親と一緒にテレビ出演するなど何らかの形で父親が登場しているのではないかと思います。

もんじゃのお店を開くまで母親は、実家の工務店で設計などをしていたとのことですので、かなり早い時期から母子家庭になったのではないでしょうか。

ジャングルポケットおたけの母親はもんじゃ竹の子を営む下町っ子気質な性格

ジャンポケおたけの本名は武山浩三で、母親の名前は『武山トシ子』です。

実家のもんじゃ屋の店名は『もんじゃ竹の子』ですが、「武山の子供」という意味でつけたそうです。

母親はこれまでに『モニタリング』など何度かテレビに出演したことがありますし、芸人がお店に訪れた際に記念撮影をしているので、顔画像は確認することができます。

顔はジャンポケおたけと似ていて、下町っ子の肝っ玉母さんといった雰囲気でした。

モニタリング出演時には、ジャンポケおたけとのやり取りから仲の良さが伝わってきましたし、視聴者からも母親が面白いとの声がSNSに投稿されていました。

母親の年齢は不明ですが、テレビに出演していた時の見た目から予想すると、年齢は60歳前後くらいなのかなぁと思います。

ジャングルポケットおたけには兄弟がおらず一人っ子

ジャンポケおたけには兄弟がおらず一人っ子の可能性が高いです。

ジャンポケおたけが、父親と同様に兄弟について一切エピソードを語っていないためです。

この他にもジャンポケおたけには兄弟がいないと考えられる理由があります。

ジャンポケおたけは高校生の時からもんじゃ竹の子の2階と3階を使って1人で生活していたことを明かしています。

夕飯は開店前や空いている時に、お店の鉄板でもんじゃを焼いたり、他にも何かしらの食材を焼いて食べていたそうです。

お店の手伝いをしたりもしていたとのことですよ。

もんじゃ焼きのお店ではない場所に自宅があって、母親は仕事が終わるとそちらの家の方に帰っていたそうです。 

もしも兄弟がいたら、兄も一緒に住んでいたよ~とか、妹と鉄板で焼きそば焼いてましたといった感じで何らかのエピソードが語られるものと思います。

ジャングルポケットおたけのプロフィール

本名:武山浩三
生年月日:1982年12月2日
年齢:40歳(2022年12月時点)
出身地:東京都中央区
身長:172cm
体重:68kg
血液型:AB型
職業:お笑い芸人
事務所:吉本興業

コメント

タイトルとURLをコピーしました