さかなクンの家族|父親の職業は囲碁棋士!DVで両親離婚もお母さんの教育が評価

さかなクンの半生を描いた映画「さかなのこ」が公開され、父親やお母さんの教育方法などに注目が集まっています。

父の名前は宮沢吾朗で、職業はプロの囲碁棋士ですが、酒乱でDVをして現在は離婚?との噂があります。

母親の教育方法が評価されていますが、母親はどのようにしてさかなクンを子育てしたのでしょうか?

この記事では、それらを明らかにし、さかなクンの両親や兄弟などについてご紹介します。

さかなクンの実家や家族構成について

さかなクンにはどのような家族がいて、どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

ここでは、さかなクンの家族構成や出身地、実家住所をみていきましょう。

さかなクンの家族構成

さかなクンは4人家族で、家族構成は「父親・母親・兄・本人」です。

父親:プロの囲碁棋士だが、酒乱でDV疑惑がある父
母親:映画公開で教育方法に注目が集まる母
長男:顔が母親似で、性格も母親似で心優しい兄
次男:さかなクン本人で、二人兄弟の弟

さかなクンの実家住所や出身地

さかなクンの出身地は東京都葛飾区で、4歳の時から高校を卒業するまでを神奈川県綾瀬市で過ごしています。

高校を卒業後は東京で過ごし、現在は千葉県館山市の一軒家で、母親や兄と一緒に生活しています。

実家の離れにはフィッシュハウスと名付けられた水槽がある離れがあり、内部がYouTubeで紹介されています。

さかなクンは仕事で家を空けることが多く、水槽の管理をしてもらうために母親と兄を一軒家に呼び寄せたようです。

2022年9月12日に週刊女性PRIMEが、さかなクンが父親と20年以上断絶状態にあることを報じています。

「さかなクンが『TVチャンピオン』の全国魚通選手権で準優勝したのが高校3年生のとき。その後5連覇して殿堂入りして、名前と顔が知られるようになります。しばらくペットショップやお寿司屋さんで働いていましたが、2000年ごろからタレント活動が軌道に乗り始めました。そのころには父親との関係は途絶えていたのかもしれません」
【引用元:週刊女性PRIME

離婚はしていませんが父親だけが一人埼玉県で暮らしており、別居状態は20年以上も続いているそうです。

さかなクンの父親の宮沢吾朗九段の現在は?職業は囲碁棋士で酒乱とDV?

さかなクンの父親の名前は「宮沢吾郎」で、職業はプロの囲碁棋士です。

生年月日は1949年11月29日で、現在の年齢は73歳(2022年12月時点)です。

宮沢吾朗九段は囲碁界では有名な棋士であり、現在も現役で棋士として活躍しています。

顔画像を見ると、さかなクンの面影が感じられます。

映画「さかなのこ」では描かれていませんが、実は父は酒乱でDVなどによりさかなクンとは絶縁状態にあるそうです。

父親が酒乱だったことを週刊誌が報じており、父親自身も週刊誌のインタビューで酒癖が悪いことを認めています。

─かつて、お父さんが家族に暴力を振るっていたと話す人がいます。
「……そう言う人がいるのなら、そのとおりなのでしょう」
否定はせず、酒グセが悪いことも自ら認めた。絶縁の理由については口をつぐんだが、今も離婚はしていないという。
【引用元:週刊女性PRIME

普段は物静かですが、囲碁の対局で負けたりして機嫌が悪いとお酒を飲み、さかなクンの母親に当たり散らしていることで有名だったようです。

母親は顔に青あざを作ってよく泣いていたとの話もあります。

さかなクンは20年以上父親と断絶状態にあると言われていますが、ずっとこのような両親の姿を見てきたため、父親と疎遠になるのはごく当たり前のことのように感じました。

断絶状態との言葉が使われていますが、さかなクンは完全に父親のことを嫌っているというわけではなさそうです。

さかなクンは父親に対して感謝の気持ちは持っているとし、断絶というより、なかなか会う機会がなくてと語っていました。

暴力をふるっていたのかとの質問に対してもハッキリ認めはせずに、言葉を濁していました。

─お父さんとの関係は“断絶”している?
「断絶っていうか、なかなか会う機会が……」
父が映画を見たいと言っていたと話すと、心持ち口角が上がったように見えた。
【引用元:週刊女性PRIME

父親もさかなクンの自叙伝が映画化されたことを誇りに思い、映画を見たいと思っているというところに、やはり親子のつながりを感じます。

さかなクンの母親の教育方法が注目される

さかなクンの母親の名前や年齢は不明ですが、2015年11月15日にさかなクンがフェイスブックに母親の顔画像を投稿しています。

この日は母親の誕生日だったようです。

とても優しそうなお母さんですが、どのようなお母さんだったのでしょうか?

2022年9月に、さかなクンの幼少期など半生が描かれた映画「さかなのこ」が公開されましたが、その中で母親がどのような子育てをしてきたのかをうかがい知ることができます。

さかなクンは小さな頃からとにかく絵を描くことが好きで、車や妖怪など絵を描いたりしていましたが、小学2年生か3年生の時にタコに興味を持ち、その後、魚にのめりこんでいったそうです。

学校でも魚の絵ばかり描くさかなクンに対して父親や学校の先生は困惑するも、母親だけは常にさかなクンの味方でした。

さかなクンが魚にさらに夢中になれるように、毎週水族館に連れて行くなど環境を整えてくれたとのことです。

さかなクンがタコに夢中になっていた時は、さかなクンにタコをもっと見せてあげたいとの思いからマダコを頻繁に購入し、その結果食卓に1ヶ月ほどタコ料理が並んだことがあるとのエピソードもあります。

小学2年のとき、タコの絵を見て夢中になり、ぶつ切りでなく丸ごとのタコを母に買ってもらったとのこと。
その日から、考えるのはタコのことばかり。
お母様は嫌な顔ひとつせず、1ヵ月近く、味付けを変えてタコ料理を作ってくれたそうです。
【引用元:幼児教室コペル

  
現在のさかなクンを作り上げたのは、母親の教育方法にあったと言えるのではないでしょうか。

さかなクンの兄弟は心優しい兄が1人

さかなクンは2人兄弟で、兄が1人います。

さかなクンと兄の年齢差は二つですので、兄の現在の年齢は48歳くらいです。(2022年12月時点)

さかなクンは2016年3月15日に、兄が誕生日であることをフェイスブックで報告しました。

兄の顔画像も投稿されていますが、兄が母親似で、さかなクンが父親似のように感じます。

さかなクンは「心優しい兄」と書いていますが、本当に優しそうですよね。

さかなクンは初めてTVチャンピオンに出場した時に、ブイヤベースを飲んだことがなかったため決勝で敗れてしまいました。

そんな弟を見て、兄はアルバイトをしてお金を貯めてさかなクンをフランス料理店に連れて行き味の研究をさせてあげたそうです。

兄の職業は公表されていませんが、現在千葉県館山市にある一軒家でさかなクンや母親と一緒に暮らしていることから、実家から通える会社に勤めている可能性があります。

または、さかなクンが忙しいことから、弟がサポートなどをしている可能性もありそうですよね。

父親が週刊誌のインタビューで、子供達にも囲碁を覚えて欲しかったけど全然覚えてくれなかったと話していたことから兄も囲碁の道には進まなかったことが分かります。

さかなクンのプロフィール

本名:宮澤 正之(みやざわ まさゆき)
生年月日:1975年8月6日
年齢:47歳(2022年12月時点)
出身地:東京都葛飾区
身長:非公表
体重:非公表
血液型:非公表
職業:タレント
事務所:アナン・インターナショナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました