羽生結弦の家族構成|母離れできずべったり?父親の職業は校長で姉の大学は?

羽生結弦の実家や家族に注目します!

羽生結弦は母にそっくりで、べったりの関係で、母離れできてないとの噂があります。

父の職業は中学校の校長ですが、父や姉の出身大学はどこなのでしょうか?

この記事ではそれらを明らかにし、父親や母親、姉の年齢や職業、出身地や実家住所についてもご紹介します。

羽生結弦の実家や家族構成について

羽生結弦にはどのような家族がいるのでしょうか?

羽生結弦の家族構成や出身地、実家住所をみていきましょう。

羽生結弦の家族構成

羽生結弦は4人家族で、家族構成は「父親・母親・姉・本人」です。

父親:中学校の校長
母親:息子にべったりな母
長女:弟のためにフィギュアスケートを断念した姉
長男:羽生結弦本人で、2人兄弟の弟

羽生結弦の実家住所や出身地

羽生結弦の実家住所は、宮城県仙台市泉区です。

羽生結弦の実家はもともと仙台市内のマンションでしたが、2011年に発生した東日本大震災により全壊判定を受けています。

その後、羽生結弦の家族は、仙台市内にある家賃5万円の県営住宅に引っ越しています。

2019年12月30日付けの日刊スポーツに、「箱根駅伝での活躍が期待される駒大の中村大成の実家は羽生結弦の隣のマンション」といった内容の記事が掲載されていたことから、羽生結弦の家族は県営住宅からマンションに引っ越していることがうかがえます。

駒大の中村大成(4年=東北)は、仙台市内の実家が男子フィギュアスケート羽生結弦(25=ANA)の隣のマンション。小、中、高の後輩でもあり、身近な存在だった王者の「羽生魂」を、箱根路でも受け継ぐ。
【引用元:日刊スポーツ

中村大成は羽生結弦の小・中・高の後輩にあたるため、マンションの住所は仙台市内にあると考えられます。

羽生結弦の父親の職業は校長?出身大学はどこ?

羽生結弦の父親の名前は「羽生秀利(ひでとし)」です。

父親の職業は中学校の教師で、現在は校長をつとめています。

教員をしていた時の担当科目は数学と技術家庭科で、野球部の顧問をしていたそうです。

父親は勉強することを大切にしていて、どんなにフィギュアスケートが大変でも勉強は続けるようにと羽生結弦に言っていたとのエピソードがあります。

そんな父が、羽生に何度も言い聞かせていた言葉があったという。
「どんなにフィギュアの練習が大変だったとしても、勉強は続けなさい。将来は一流の選手である前に、一流の社会人になってほしい」
【引用元:女性自身

父親自身学生時代に勉強に励んできたことが想像されますが、父親の出身大学は不明でした。

父親の年齢は公表されていませんが、顔画像から推測すると57歳~58歳前後ではないかと思います。

2019年7月13日付けの投稿に、「羽生秀利さん50代」との書き込みもありました。

顔はあまり似ていませんが、父親は色白で物腰が柔らかいとの情報があります。

羽生結弦は色白ですしストイックで謙虚な一面がありますので、これらの点は父親譲りのようですね。

羽生結弦は母親とべったりで母離れできていない?

羽生結弦の母親の名前は「羽生由美(ゆみ)」です。

年齢については不明ですが、おそらく50代ではないかと思います。

母親は羽生結弦に顔がそっくりで、美人で若々しい印象です。

現在は職業には就いておらず、羽生結弦のサポートに徹していますが、スーパーで働いたりして家計を助けていたそうです。

羽生結弦の父親は中学校の教師であるためそこそこ安定した収入はあったはず。

いかにフィギュアスケートがお金がかかるかが分かりますよね。

羽生結弦がシニアになる2010年頃まで母親が衣装を手作りしていたとのことなので、大変手先が器用な方でもあるようです。

母親が羽生結弦を子供の頃からずっと側にいてサポートしてきたことから、羽生結弦は母親とべったりで母離れができてないと言われているのを聞くことがあります。

週刊誌でこのような話が書かれたためだと思われます。

羽生結弦と母親がべったりで母離れできていない理由①:恋愛禁止令

羽生結弦は20歳の時に母親から恋愛は絶対にダメと禁止令を出されていることを明かしています。

「今シーズンは開始前からお母さんに厳しく言われたことがあったんです。それは“絶対に恋愛は禁止”ということ。今回のNHK杯を前にさらに厳しく通達されたそうです」(スケート連盟関係者)
【引用元:NEWSポストセブン

羽生結弦は反発することなく、母親の言いつけを守ってきたようです。

母親は羽生結弦が携帯電話を持つことも禁止していましたが、おそらく女性から連絡が来るのを阻止することが目的なのではないかと思います。

「ソチ五輪のときは、出場全選手に公式スポンサーであるサムスンからスマホが支給されましたので、五輪開催中は使っていました。でも、それは開催期間しか使えないので、いまはもう持っていないようですね。なんでもお母さんがそういう方針だとか」(スケート関係者)
【引用元:週刊女性PRIME

現在は不明ですが、さすがに恋愛禁止令は解除されていると思います。

羽生結弦と母親がべったりで母離れできていない理由②:母親が必ず側にいる

現在、羽生結弦はカナダのトロントで母親と暮らし、母親から全面的なサポートを受けています。

練習以外には外出することもほとんどなく、ストイックな生活を送っているようです。

トロントでは、母子の二人暮らし。自宅マンションとリンクのあるスポーツ施設「クリケットクラブ」を往復する毎日だ。練習を終えると、スケートの動画を見ながら、フォームのチェックをする。ただ、相手はコーチではない。フィギュア経験は一切ない由美だ。羽生は「意外な視点が役に立つんです」とその理由を語っている。
【引用元:文春オンライン

母親はスケートやインタビューの場にも必ずついてくるそうです。

スケートに関係のない質問が出ると、「スケートに関係のない話です!」と言い、記者を制止しているとのことです。

これだけの話を聞くだけでも、たしかに羽生結弦は母親とべったりで母離れできてないように感じます。

羽生結弦の兄弟!姉の出身大学や職業は?

羽生結弦は2人兄弟で、姉が1人います。

姉の名前は「羽生沙耶(さや)」で、羽生結弦との年齢差は4つです。

羽生結弦が現在28歳(2023年2月時点)なので姉は32歳です。

姉の現在の画像は公表されていませんが、昔の画像を見ると羽生結弦に似て色白の日本美人という感じです。

羽生結弦は母親似なので、母親の画像を見ると姉の現在の姿が思い浮かべやすいと思います。

羽生結弦は4歳の時に、姉が通っていた「アイスリンク仙台」でフィギュアスケートを始めています。

姉の職業について、アイスリンク仙台の職員をしていると週刊誌が報じたことがあります。

4歳上の姉は、羽生のホームリンクだったアイスリンク仙台の職員として働いている。
【引用元:現代ビジネス

2015年の情報のため現在も職業がアイスリンク仙台の職員かは不明です。

しかし姉もフィギュアスケートの経験者のため、現在仕事をしているならフィギュアスケートに関連する仕事に就いている可能性が高そうです。

姉は8歳からフィギュアスケートを始めていますが、大学受験をきっかけに選手として大成する夢を諦めたと週刊誌に書かれていました。

特別に裕福だったわけではない羽生家にとって、負担は決して軽くなかった。しかし、羽生の才能と「五輪優勝」という夢を信じ、羽生家は家賃5万円の県営住宅に住み、試合の衣装はすべて母親が手作りした。姉は大学受験を機に自分が選手として大成する夢を諦めて、弟のサポートに徹するようになった。
【引用元:NEWSポストセブン

姉はずっと仙台にいて仕事が忙しい父親のために家事を頑張っていたとの情報があることから、自宅から通える大学に進学した可能性が高そうですね。

姉は現在32歳なので結婚しているのかも大変気になるところですが情報はありません。

姉は結婚したものの、母親がプライベートの質問をシャットアウトしているから情報が出ていない可能性もありますね。

羽生結弦のプロフィール

本名:羽生 結弦(はにゅう ゆづる)
生年月日:1994年12月7日
年齢:28歳(2023年2月時点)
出身地:宮城県仙台市泉区
身長:172cm
体重:55kg
血液型:B型
職業:プロフィギュアスケーター
所属:ANA(プロ転向後の所属は未定)

コメント

タイトルとURLをコピーしました