中山翔貴の家族|父親は中山秀征で母親は白城あやかで4兄弟!日テレ就職は叶わず

2022年4月に俳優デビューした中山翔貴の家族が豪華です。

なんと父親は中山秀征で母親は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の白城あやかです。

兄弟も皆優秀なようです。

父親が日テレ『シューイチ』にレギュラー出演していますが、実は中山翔貴はアナウンサー志望で、親のコネを使ったけど日テレに就職できなかったとの噂があります。

この記事では中山翔貴の家族に注目し、どんな家族がいるのかや出身地、実家住所などをご紹介します。

中山翔貴の実家や家族構成について

有名芸能人を両親に持つ中山翔貴にはどのような家族がいるのでしょうか。

ここでは、中山翔貴の家族構成や出身地、実家住所についてご紹介します。

中山翔貴の家族構成

中山翔貴は6人家族で、家族構成は父親と母親、本人と3人の弟です。

父親:15歳で上京し今もテレビでマルチタレントとして活躍する中山秀征
母親:元宝塚歌劇団星組トップ娘役の美人すぎる白城あやか
長男:中山翔貴本人で4兄弟の長男
次男:高身長で高校で野球部のエースだった弟
三男:細かいことを気にしない豪快な弟
四男:三男と一緒に現在は海外の学校に通っている弟

中山翔貴の実家住所や出身地

中山翔貴の出身地は東京都で、実家住所は港区の高級住宅街の麻布です。

有名芸能人の自宅とあり、土地と建物を合わせると3億円とも言われる豪邸です。

週刊女性によると、タレントの中山秀征が東京・麻布に3億円といわれる
豪邸を建築中とか。
このあたりは1坪400万円という、まさに超一等地。
中山の年収は5千万円ほどらしいが、貯金が趣味であまり遊ばない性格が
この夢を実現させた大きな原因であると同誌は報じている。
【引用元:5ちゃんねる

中山翔貴の父親は中山秀征!コネを使っても日テレ就職は叶わず

中山翔貴の父親はマルチタレントとして活躍する、ヒデちゃんこと中山秀征です。

2022年8月現在の年齢は55歳ですが、愛嬌のある笑顔で実年齢よりもかなり若く見えますよね。

中山翔貴本人は自身を母親似と語っていますが、笑うと父親にそっくりだと思います。

さて、有名芸能人の親を持つ2世として2022年4月にテレビ東京系ドラマ『しろめし修行僧』で俳優デビューした中山翔貴が話題になっていますが、実はもともとはアナウンサー志望でした。

青山学院大学在学中にキー局をいくつか受けましたが、どれも受からなかったことを週刊誌が報じています、、、

長男はアナウンサーになりたくて、就活の際にはキー局を何社か受けたそうですが、ご縁がなかったようです。でも、お父さんへの強い憧れでテレビの世界を諦められず、いまは役者さんやタレントさんを目指していると聞いています。
【引用元:女性自身

中山翔貴が親のコネを使っても日テレに入社できなかったと囁かれていますが、日テレという名前が具体的に上がっている理由は、父親である中山秀征が日テレの『シューイチ』にレギュラー出演しているためです。

中山秀征(53)といえば、先月、レギュラーMCを務める『シューイチ』(日本テレビ系)が放送丸10年、放送回数500回を突破。同局の生放送番組には、93年に始まった『TVおじゃマンボウ』から、『ラジかるッ』『おもいッきりDON!』『DON!』『シューイチ』と、28年間出演している。中山は会見で、
「もう日本テレビさんは僕のすべてじゃないですか? 家の表札に“日本テレビ”と入れてもいいくらい」
と笑っていた。
【引用元:女性自身

『シューイチ』だけでなく、日テレ系の過去の番組をすべて含めると記事執筆時点で30年近くになるわけですから、中山秀征と日テレの関係性は非常に濃密なわけです。

それで、中山翔貴が日テレのアナウンサー試験に落ちたとなれば、コネを使ってもダメだったのかと言われても仕方ない気もします。

藤井フミヤの息子の藤井弘輝アナウンサーもコネ入社と囁かれていますが、真意はともかく実際にアナウンサーになれていますので、中山翔貴がなぜ日テレに入社できなかったのか不思議なのは事実です。

中山翔貴の母親は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の白城あやか

中山翔貴は父親だけでなく母親もまた有名芸能人です。

母親は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の白城あやかで、本名は中山光希(みき)です。

年齢は中山秀征と同じで54歳です。(2022年8月時点)

現在も変わらず大変な美人で、上品な雰囲気に包まれています。

1998年に中山秀征と結婚してからは家庭を優先しており、目立った芸能活動は行っていませんが、アメブロやインスタでこまめに投稿したり、舞台に立つこともあります。

中山翔貴は高校3年生の時に舞台で演じる母親の姿を見て、鳥肌が立つほど感銘を受けたとのことです。

これから俳優として活動する中山翔貴の良き理解者でもあるようです。

中山翔貴が俳優をしたいことを明かした時に、母親は簡単に諦めないようにねと言って背中を押してくれたそうです。

アメブロの投稿から分かることは、白城あやかが丁寧に家事や子育てをしている素敵な女性だということです。

投稿のほとんどが息子達のことか夫の中山秀征のことで、家族を愛していることがヒシヒシと伝わってきます。

母親の人柄がうかがえる、こんなエピソードもあります。

中山秀征との結婚式で500個もの布製のミニブーケを1人で作ったそうです。

物作りが好きで、粘り強い性格のようです。

2022年4月には長男と次男が夕食の生姜焼きを作ったことをインスタで語っていました。

長男と次男はとても仲が良さげでしたが、中山翔貴と母親の仲も大変良好のようですね。

中山翔貴は4兄弟の長男

中山翔貴は4兄弟の長男で弟が3人います。

3人の弟をそれぞれ紹介します。

中山翔貴の弟『脩悟』も青学野球部のエース

次男の名前は『脩悟』で生年月日は2003年7月8日、現在の年齢は19歳です。(2022年8月時点)

母親は2022年3月に次男が高校を卒業したことをインスタで報告しています。

中山秀征は173cmありますので、次男は180cmくらいありそうです。

目もとはスタンプで見えないように加工されていますが、イケメンオーラがだだ漏れしています。

中山翔貴は青山学院高校と大学時代に野球部のエースとして活躍していましたが、弟の脩悟もまた青山学院高校で野球部のエースをつとめていました。

次男は高校卒業後は、兄と同じように青山学院大学に進学するのではと予想されていましたが、どうやら青山学院大学には進学していないようです。

青山学院大学野球部では、部員の名前や顔写真がホームページで公表されているのですが、中山脩悟の名前はありません

中山翔貴の弟ということで野球での活躍を期待されていましたが、現在の進路は不明です。

中山翔貴の弟『敬吾』と『貴仁』は海外の学校に通っている

三男の名前は『敬吾』で、2005年5月生まれのため現在の年齢は17歳、そして末っ子四男の名前は『貴仁』で、2007年3月生まれのため現在は15歳です。(2022年8月時点)

三男と四男の弟はまだ若いですが、なんと2022年3月に2人揃って海外へ行き、現在は海外の学校に通っています。

海外の学校に行くことを決めてから、親がビックリするくらいに猛勉強をしていたそうです。

三男と四男の弟は行動力があり、度胸があるように感じました。

海外に行ってから連絡が来ないことを心配した母親が、何か困ったことがないかLINEで質問したらカップラーメンくらいという内容の返信があったそうです(笑)

また、母親が息子2人が海外に行った後持ち物を整理していたら、原形をとどめないおにぎりやサラダチキンなどが出てきたそうです。

細かいことは気にしない豪快な性格の持ち主のようですね!

中山翔貴は『しろめし修行僧』ではハナコの岡部大の弟役で出演しましたが、生意気な役どころとのことで、役作りをする上で弟を参考にしたそうです。

「自分は4人兄弟の長男なので、生意気な自分の弟をよく観察して役作りへとつなげました」とコメントしている。
【引用元:MANTANWEB(まんたんウェブ)

どの弟のことを指しているかは分かりませんが、生意気盛りとのことなので三男か四男なのではと予想しています。

中山翔貴のプロフィール

本名:中山 翔貴(なかやま しょうき)
生年月日:1999年3月18日
年齢:23歳(2022年8月時点)
出身地:東京都港区
身長:180cm
体重:非公表
血液型:非公表
職業:俳優
事務所:ワタナベエンターテインメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました