[PR]記事内に広告が含まれています

大沢あかねの家族構成!父親失踪で母子家庭の生い立ち!母親と兄弟・姉妹について紹介

大沢あかねの家族

大沢あかねの家族や実家に注目します!

大沢あかねの祖父は大沢親分こと大沢啓二ですが、大沢あかねの生い立ちは、母一人子一人の母子家庭育ちです。

父親は大沢あかねがまだ1歳くらいの頃に失踪し、その後は母親と2人暮らしをしています。

この記事では、大沢あかねの祖父や父親、母親や兄弟はいるのか、出身地や実家住所などをご紹介します。

大沢あかねの実家や家族構成について

とても明るい印象ですが、大沢あかねは複雑な生い立ちの持ち主です。

ここでは、大沢あかねの家族構成や出身地、実家住所をご紹介します。

大沢あかねの家族構成

大沢あかねは母子家庭育ちで、家族構成は「母親・本人」の2人家族です。

父親:大沢あかねが1歳の頃に失踪した父
母親:パワフルで映画で女優デビューもしている母
長女:大沢あかね本人で、兄弟のいないひとりっ子

大沢あかねの実家住所や出身地

大沢あかねの出身地は大阪府大阪市大正区で、大沢あかねが中学を卒業するまで実家は大阪にありました。

大沢あかねの出身小学校に関する情報はありませんが、出身中学校は「大阪市立大正中央中学校」が有力視されています。

この情報が正しければ、大沢あかねの実家住所は大阪市大正区の小林東周辺にあったと考えられます。

大沢あかねは小学生の頃から芸能活動をしており、芸能活動に専念するために中学校を卒業すると、母親と2人で上京しています。

01年、あかねの中学卒業後、本格的に芸能界で仕事をするため母娘で上京。不安もあったが、「俺はいつか死んで何もしてやれない時が来る。自分たちできちんと生活できると思うなら出てきたらいい」と親分の言葉で覚悟を決めた。上京後、あかねは大手芸能事務所テンカラットに所属し、バラエティーに活躍の場を広げ、人気タレントの仲間入りを果たす。
【引用元:ZAKZAK

大沢あかねの実家は東京都板橋区熊野町で「道頓堀」という居酒屋を経営していました。

記事執筆時点で実家の居酒屋の情報がないため、現在も実家が居酒屋を営んでいるかは不明です。

大沢あかねの祖父は大沢親分こと大沢啓二

大沢あかねの祖父は、元日本ハム監督の大沢親分こと大沢啓二です。

大沢あかねは七光りだと言われるのが嫌で、18歳になるまで大沢啓二の孫であることを隠していました。

祖父は2010年に、胆のうがんのため78歳で亡くなっています。

大沢あかねは母子家庭ながら大沢啓二の孫ということで、甘やかされて裕福な生活を送ってきたのではないかとつい思っていましたが、複雑な事情があるようです。

大沢啓二の現在の妻が、大沢あかねが「大沢」姓を名乗り芸能活動をしていることをよく思っていないと一部週刊誌が報じたことがありました。

夫人はかねてから、あかねが芸名として大沢姓を名乗り、「親分の孫」として活動することに不快感を隠さなかった。息子や内孫を気遣ってのことだった。
【引用元:NEWSポストセブン

大沢あかねは祖父の告別式で親族席に座らず、劇団ひとりと一般席に座っていたことからも、大沢あかねと祖父の現在の妻との間に確執があることはたしかなことだと思われます。

祖父には離婚歴があり、前妻との間に大沢あかねの母親と弟が2人誕生しています。

離婚後、前妻が大沢あかねの母親を引き取り、祖父が弟2人を引き取ったという背景があります。

大沢あかねは芸能界に入ってから、祖父と初めて会っています。

大沢あかねは幼少期の頃は祖父と交流がありませんでしたが、再会してからは可愛がってくれ、よく小学生の大沢あかねを祖父はスナックに連れていったそうです。

母親がどの程度父親(大沢啓二)に自分や家族のことを話していたかは分かりませんが、祖父は大沢あかねのことをずっと気にかけていたのではないでしょうか。

大沢あかねの父親は幼少期に失踪し母子家庭の生い立ち

大沢あかねの生い立ちは母子家庭育ちで、幼少期に父親が失踪し、その後両親が離婚しています。

父親が突然いなくなったのは大沢あかねが1歳くらいの頃のことで、大沢あかねは父親の写真を見たこともなく、顔を知らないそうです。

今回占いを担当したシウマ氏から「お父さんとの縁が薄くないですか?」と問われると、「父親に会ったことがない」と告白。「父親の顔を今まで見たことがない。1歳のときとかに出て行ったので、まったく記憶もなくて写真も残っていなくて」と話した。
【引用元:スポニチ

離婚後に父親が娘である大沢あかねに会いにくるということもなかったようですね。

父親の写真が残っていないということで、母親が写真を処分した可能性もありそうです。

父親についての情報はほとんどありませんが、母親は大沢あかねの話術は父親の遺伝だろうと考えているようです。

「あいさつだけ、ですね。誰にでもできるよう、礼儀だけはきちんと教え込んできました。話術は父のDNAがあるんやない?」
【引用元:ZAKZAK

父親は大沢あかねのように、話がとても面白い方なのでしょう。

父親は銭湯に行くと言ってそのまま姿を消したという情報がありますが、明るそうな父親が失踪してしまった理由が気になりますよね。

大沢あかねの母親は大沢真美!職業は飲食店経営で女優デビューも?

大沢あかねの母親の名前は、大沢真美です。

母親の年齢は不明ですが、見た目から60代ではないかと予想しています。

顔画像も公開されていますが、大沢あかねと顔が似ているように感じます。


【引用元:ZAKZAK

母親はパワフルで、大沢あかねを女手一つで育て上げています。

大沢あかねが3歳の頃に離婚が成立し、それからは母親は昼はトラックの運転手として働き、夜は飲み屋で働いていたとのこと。

なんと3年後には、自分のお店を持ったそうです。

関西出身で、あかねが3歳の時にシングルマザーとなり、「昼はトラック運転手、夜は大阪・ミナミの飲み屋のお姉さん。3年くらいして自分の店を持ちました」。
【引用元:ZAKZAK

大沢あかねが芸能活動を始めてからは、お店のお客さんに娘のことを宣伝したり、大沢あかねに寄せられたファンレターを読んだり、返事を書くこともあったんだとか。

大沢あかねの人気を支えていたのは、母親だったと言えるのではないでしょうか。

大沢あかねが中学校を卒業すると、母親は娘と一緒に上京し、2008年に板橋区に居酒屋「道頓堀」をオープンさせています。

大沢あかねの母方の祖母の生まれが板橋区で、母親はお店を開くならここしかないと思ったそうです。

08年、居酒屋「道頓堀」を東京都板橋区内に出店した。
「私の母が、この辺りで生まれて、後に立教大学に通っていた父と出会い、結婚しました。だから(店をやるなら)ここやなと思って」
【引用元:ZAKZAK

2013年に公開された映画「新大久保物語」では、なんと女優デビューも果たしています。

現在女優としての活動は確認できなかったため、今も役者として活動しているかは不明ですが、なんともパワフルですよね!

母親は大沢啓二の子供ですが、家庭環境が複雑だったため資金援助を受けていたかは分かりません。

母親が大沢あかねを育てるために、水商売や飲食店経営などで必死に働いてきたことを考えると、援助を受けていたとしても、生活はそれほど裕福ではなかったと思います。

母親が水道や電気やガスの使用料金を支払わずに、止められてしまったこともあるそうです。

大沢あかねの兄弟構成!兄弟はおらず一人っ子

大沢あかねに兄弟はおらず、ひとりっ子です。

母親はインタビューで再婚について聞かれた時に、娘を育てるのに必死で再婚を考えたことはなかったと話していました。

兄弟が生まれたら大沢あかねが悲しむという気持ちもあったそうです。

劇団ひとりの家族構成!母親はミス札幌で父親はパイロット!兄弟は早稲田で大叔父は発明家?
劇団ひとりの家族や実家に注目します! 劇団ひとりの両親は超エリートという噂がありますが、どのような家族がいるのでしょうか? 父親は高知出身のエリートで、職業はパイロット、母親はミス札幌選出の経歴があるキャビンアテンダントです。 兄弟は兄と妹がいて、兄は早稲田大学卒業と言われていますね。 劇団ひとりの祖先や大叔父、祖父など家系図がすごいと話題になっています。 この記事では、劇団ひとりの父親や母親、兄弟、祖先や親戚などについてご紹介します。

大沢あかねのプロフィール

本名:川島 茜(かわしま あかね)
生年月日:1985年8月16日
年齢:38歳(2024年6月時点)
出身地:大阪府大阪市大正区
身長:160cm
体重:非公表
血液型:O型
職業:タレント
事務所:テンカラット

コメント

タイトルとURLをコピーしました