[PR]記事内に広告が含まれています

渡邊雄太の家族構成!父親と母親と兄弟・姉妹全員元プロバスケ選手

渡邊雄太の家族構成

日本人2人目のNBA選手として活躍中のプロバスケ選手渡邊雄太。

渡邊雄太はバスケ一家で育ったバスケエリートで、父親や母親、兄弟の姉もまた元プロバスケ選手です!

渡邊雄太の出身地や実家住所はどこにあり、父親や母親、姉はどのような人なのでしょうか?

この記事では、それらを明らかにします。

渡邊雄太の実家や家族構成について

渡邊雄太は、どのような家庭環境で育ったのでしょうか?

ここでは、渡邊雄太の家族構成や出身地、実家住所などをご紹介します。

渡邊雄太の家族構成

渡邊雄太は4人家族で、家族構成は「父親・母親・姉・本人」です。

父親:元プロバスケ選手の渡邊英幸で190cmの高身長
母親:バスケ元日本代表の旧姓久保田久美
長女:姉は元プロバスケ選手の渡邊夕貴
長男:渡邊雄太本人で、2人兄弟の弟

渡邊雄太の実家住所や出身地

渡邊雄太の出身地は香川県木田郡三木町で、実家は現在も香川にあるようです。

2018年11月30日の「女性自身」に、両親へのインタビュー記事が、写真とともに掲載されています。


【引用元:女性自身

写真はおそらく実家で撮られたものでしょう。

記事内で香川県にある実家と紹介されていました。

三木町は父親の故郷であり、渡邊雄太は横浜市で誕生し、三木町へは4歳の時に家族と引っ越したそうです。

長井 渡邊選手は4歳で香川県に引っ越しをされ、高校時代までを過ごされましたが、バスケットボールを始めたのはいつですか。
渡邊 競技を始めたのは小学校1年生のときです。
【引用元:四国電力広報誌 ライト&ライフ

渡邊雄太の出身小学校が「三木町立平井小学校」であることから、実家住所は今も三木町の平木周辺にあるのでしょうか。

実家の近くには屋外のバスケコートがあるようです。

渡邊雄太は2018年8月30日付けのSNSで、実家の近くに新しく屋外のバスケコートが設立されたことを報告しています。

渡邊雄太の父親の名前や年齢は?職業は元プロバスケットボール選手

渡邊雄太の父親の名前は「渡邊英幸」です。

1958年9月28日生まれのため、現在の父親の年齢は65歳(2024年6月時点)です。

職業は元プロバスケ選手で、日本リーグに所属する実業団の熊谷組に所属していた経歴があります。

渡辺の夢は渡辺家の夢でもあった。グリズリーズの渡辺雄太(24)が日本人2人目のNBAデビューを飾った。快挙の裏にはともに日本リーグ熊谷組の選手だった父英幸さん(60)、シャンソン化粧品の選手だった母久美さん(56)の存在があった。
【引用元:日刊スポーツ

現在は高松市の体育館で行われた若者の犯罪被害を防止するキャンペーンに参加したり、インタビューに応じるなどの活動をしています。

講演会なども行っているようです。

父親の顔画像が公開されていますが、渡邊雄太は父親似だと感じました。

渡邊雄太は顔が父親と似ているだけでなく、日本人離れした高身長も父親譲りです。

父親は渡邊雄太(206cm)ほど身長は高くありませんが、身長が190cmあります。

バスケ一家に生まれた渡邊雄太は、小学1年生の頃にバスケを始めています。

小学校低学年の頃に本場のバスケの試合をテレビで見て、NBAの選手になりたいと思ったとのこと。

自宅のテレビではいつもNBAの試合を見ていて、有名な選手への憧れも、知らず知らずに芽生えていたように思います。
【引用元:ライト&ライフ

それから父親によるバスケの特訓が、休むことなく行われたそうです。

小学生になると、小学校で朝の6時から1時間の練習を雨の日以外はほぼ続けたとのこと。

渡邊 幼いときから父は常に「うまい人はもっと練習をしているぞ」と厳しく指導してくれました。小学生と中学生のときには、休日は毎朝5時半に起床し、6時から7時まではボールハンドリングを練習、部活動を終えた後に10㎞のランニングと、シュート練習1,000本を日課にしていました。シュート練習だけでも4時間ほどかかりました。全部が終わったらクタクタでしたね。自主練習は父とマンツーマンでしたが、続けてシュートを外すとものすごく怒られて、いつまでたっても練習が終わりません。心の中で「ちょっと厳しすぎだろう!」と文句を言っていました(笑)。
【引用元:ライト&ライフ

渡邊雄太は泣き言を言うことはなかったそうです。

こんな驚きの特訓内容についても明かされています。

父親はプロバスケ選手時代にフリースローをほとんど決めていたとのこと。

渡邊にフリースローを打たれたら2点取られると思われる選手になって欲しくて、父親は特にフリースローの特訓に力を入れていたそうですよ。

ある時は、最高1000本シュートを入れるまでフリースローを続けるという特訓をし、目標を達成するまでに4時間くらいかかったそうです。

「1日、最高で1,000本のシュートを成功させるまで、続けたこともあります。1,000本入れるには、1,300本は打たないと終わらない。4時間くらいかかりました。本当にしんどい練習だったでしょうけど、『こんなことでバスケは嫌いにならないだろう』という確信もありました」(英幸さん)
【引用元:女性自身

父親はバスケの練習に関しては渡邊雄太に厳しく接したとのことですが、渡邊雄太は練習をするのが大好きで、練習を休みたいと言ったことはなかったそうですよ。

渡邊雄太はSNSで、父親へ育ててくれたことへの感謝の気持ちを綴っています。

親子仲は大変良好のようですね。

渡邊雄太の母親の名前や年齢は?職業は元プロバスケットボール選手

渡邊雄太の母親の名前は渡邊久美です。

母親は1961年10月30日生まれで、現在62歳(2024年6月時点)です。

渡邊雄太の出生地が横浜なので母親は横浜出身ではないかと思いましたが、母親は和歌山の出身だそうです。

渡邊雄太は2023年5月14日にSNSを更新し、母親とのツーショット画像をアップしています。

母親は元アスリートとあり、現在もアクティブな印象を受けました。

母親との仲も良好のようですね。

そきほどのSNSの2枚目には祖母の画像が出てきます。

両親は現在、祖母と同居しているかもしれませんね。

渡邊雄太は身長が206cmありますが、母親とそれほど身長差があるように見えません。

母親も身長が高くて、177cmあるそうです。

日本リーグのシャンソン化粧品でプロバスケ選手として活動していました。

母親の旧姓は久保田で、バスケットボール女子日本代表に選出され、1983年に世界選手権に出場した経歴もあります。

母親は結婚後は、地元のスポーツ少年団でバスケのコーチをしていました。

渡邊雄太は小学1年生の時に母親がコーチをしていたスポーツ少年団に入り、本格的にバスケを始めたそうです。

バスケとの出合いは、幼稚園入園時。現在の住まいである、香川県に居を移した際、久美さんが、小学生のバスケチームのコーチを依頼されたのがきっかけだ。身長177センチの久美さんも、全日本選抜のキャプテンを務めたこともあるバスケ選手だった。

「週に3回の練習には、いつも雄太も一緒でした。まだ小さいから練習に参加できなかったけど、小学校に上がったとき、自分から『ボクもやりたい』と言い出して」(久美さん)
【引用元:女性自身

母親は渡邊雄太の意外な幼少期についても明かしています。

渡邊雄太は人見知りで泣き虫で、1歳を過ぎるくらいまで父親にも近寄ろうとしなかったそうです。

母親が少しいなくなるだけで、渡邊雄太は泣いていたそうですよ。

「とにかく人見知りで、泣き虫な子どもでした。父親にさえ、1歳を超えるまで近寄らないし、私がお風呂に入るために雄太のもとを離れるだけで、大泣きでした」
【引用元:女性自身

渡邊雄太が幼少期の頃は可愛くもあり、大変だったことでしょう。

渡邊雄太の兄弟構成!姉の職業も元プロバスケットボール選手

渡邊雄太は2人兄弟で、兄弟構成は姉と本人です。

姉の名前は渡邊夕貴といい、姉の現在の年齢は31歳(2024年6月時点)です。

顔は渡邊雄太とあまり似ているようには感じません。

姉の職業も元プロバスケ選手でした。

身長は170cmと公表されています。

女性の平均身長からすると身長は高いですが、渡邊雄太や両親と比較するとそこまで身長が高いということではありません。

高校を卒業後にアイシン・エィ・ダブリュに入社し、「アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス」というバスケチームに所属します。

バスケットボール女子日本リーグ所属のバスケチームです。

姉はプロバスケ選手として活動していましたが、2014年に現役を引退しています。

姉が現在何をしているのかや結婚はしているのかなど現役引退後の情報は見つかりませんでした。

渡邊雄太のプロフィール

本名:渡邊 雄太(わたなべ ゆうた)
生年月日:1994年10月13日
年齢:29歳(2024年6月時点)
出身地:香川県木田郡三木町
身長:206cm
体重:98kg
血液型:A型
職業:プロバスケットボール選手

コメント

タイトルとURLをコピーしました